スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zsphereスキニング、マテリアルの追加

Zsphereをスキニングする方法はふたつあるみたいです。

ユニファイドスキンとアダプティブスキンの二つ。
とりあえず一般的にはアダプティブスキンを使うみたいです。

Adaptive Skin サブパレットのパラメータを調整することで
ポリメッシュの調整ができる。

Densityスライダでポリメッシュの密度を変更できる。
3.1までのそのほかの処理は3.5ではUse Classic Skinningをオンにすれば
アクセスできる。があまり使わなくてもよくなった気がする。

blog100205_21.jpg


あと、Link-SphereをDrawモードでクリックするとジョイントを追加できます。

また上とは別件だが
すでにドロップされたツールのマテリアルの変更の仕方

blog100503_01_1.jpg


PaintBrushを選択し、
トップシェルフの Mボタンのみ点灯
ZAddなどをオフ
ストロークをDragrect、Alphaをオフに設定してマテリアルを選択してストロークを描く

blog100503_02.jpg
blog100503_03.jpg

3.5で追加された新しいマテリアルにしてみた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。