スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush 4 R2 Curve Surface

blog120121_02.jpg

今回はR2で追加されたブラシを順番に試していった。
Curve Surfaceブラシを使用するとラインの形状に応じたモデルを即座に追加できる。

blog120121_03.jpg

もう一本ひくとその部分はつながります。

blog120121_04.jpg

厚みはブラシサイズで決まるらしいのでサイズを大きくすると分厚くなる。

blog120121_05.jpg

CurveTubeブラシを使ってチューブを追加してみた。 
StrokeパレットのCurveMode内にあるSnapshotを使えばコピーを簡単に作成できる。
このときはBendを解除しておくとコピーしやすいです。

blog120121_06.jpg

CurveTubeSnapブラシを使用するとこんどはサーフェイスにそってチューブを追加できる。
これがあればたとえばキャラクターの眉、装飾品、髪の毛とか袖の厚みとか追加しやすいかもしれない。
ちなみに上画像はSizeボタンをオンにして形状に大小をつけてみた。

blog120121_01.jpg

CurveQuadFill / TriFillブラシを使うと描いたラインが板状のモデルとなって現れます。

Quad 4角ポリゴンのメッシュ作成
Tri 3角ポリゴンのメッシュ作成

ラインを描くときの精度はCurve Stepの値を0.25以下にしといた方がよさそう。

blog120121_07.jpg

板状のモデルの細かさはMaxPointの値によって決まるみたい。
画像は400くらいに設定してます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ZBrush 4 R2 Curve Su】

今回はR2で追加されたブラシを順番に試していった。Curve Surfaceブラシを使用するとラインの形状に応じた

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。