スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 Projection Materについて②

blog111012_01.jpg


ProjectionMasterを使用してツールのサーフェイスにカラーとマテリアルをペイントする。
(注)単純にカラーをペイントする目的ならポリペイントで十分です。

ProjectionMasterを使用してMatcapのマテリアルをテクスチャとして描きだすことができます。

ツールをロードしたらProjectionMasterを起動する。
Materialのみをオンにした状態でDROP NOWボタンを押す。


blog111012_03.jpg

カラーやマテリアルをペイントするにはテクスチャを作成する必要があるというダイアログが表示されるので
作成ボタンを押す。

blog111012_04.jpg




blog111012_05.jpg


SimpleBrushを使用してRefectedMapをツールにペイントする。
マテリアルのみペイントしたいのでMボタンのみオンにする。

blog111012_06.jpg


ある程度描いたらProjectionMasterボタンを押してPICKUP NOWボタンをクリック。
するとツールがドロップされずに再び編集できる。

blog111012_08.jpg

Textureパレットでテクスチャの解像度を指定できるのでHeight Widthに2048と入力してNewボタンを押す。

Flatcolorマテリアルを割り当てる。

blog111012_09.jpg

ProjectionMasterを起動してcolors Shadedを選択。Fadeをオンに設定。
Shadedオプションを使用するとライティングとマテリアル情報をテクスチャとしてベイクできる。
Matcap Skeltonマテリアルを選択してSimple Brushを使用 
ストロークタイプをDragrectに設定して柱のサーフェイスをドラッグしてマテリアルをツールにあてる。

blog111012_02.jpg

PICKUP NOWボタンを押してProjectionMasterを終了。

テクスチャパレットにMatcapマテリアルがベイクされているのが分かります。


次回はZAppLinkの勉強に入ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。