スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 Projection Materについて①

blog111010_02.jpg

ZBrush4 R2いろいろ新機能試したいけど他サイトでけっこうやってるしとりあえず後回し。


ProjectionMasterを使用するとツールをキャンバスにドロップしなくても2.5Dブラシを使用できる。
あとはZbrushで作成したマテリアルをテクスチャとして書き出すことができる。

2.5Dブラシってあんまり使わないんだけどとりあえずやってみた。

Projection MasterでまずスカルプトをしてみたいのでColors Material をオフに
Deformationをオンにする。

Normalizedをオンにするとスカルプトするディテールがサーフェイスの法線を基準に作成されるようになる。

DROP NOWボタンを押してツールをドロップする。

blog111010_03.jpg

Directional Brush とか 3D Sphereとか使って適当に凸凹にする。
BlurBrushとかも使ってみる。

blog111010_04.jpg

こんな感じかなあと思って再度Projection Masterボタンを押して終了する。

blog111010_05.jpg

終了するとぐちゃっとなる。ProjectionMasterを使用している間はピクソルに変換される。
ポリゴンのサイズがピクソルのサイズより大きいとピクソルに対して行った修正を正確に反映できないらしい。

blog111010_06.jpg

ツールのSdivを5→7に設定して再度同じことをしてみた。

blog111010_01.jpg

前よりはディテールが維持できている。
※ProjectionMasterはツールのSdivを最高に設定してから使うようにする必要があるみたい。

次回はProjectionMasterでカラー マテリアルのペイントをしてみます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。