スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 R5 暁美ほむら ねんどろいど作成 ④ CurveSnapSurfaceブラシ

今回は前回からの続き。
前回CurveSurfaceブラシを使用したもののあまり結果が芳しくなかったように感じたので
Curve Snap Surfaceブラシを使ってみた。

blog130225_01.jpg

簡単にリファレンスで敷いている画像をポリペイントして目安にする。
写真を正面から貼っているので精度はあまりよくないが細かい調整はあとで考えよう。。

blog130225_02.jpg

シンメトリをオンにして前から
Curve Snap Surfaceブラシで面を貼っていく。

■ブラシサイズが厚みになる。
■初期設定のラインは荒くてカクカクするのでStrokeパレット CurveStepを0.5→0.25に設定しています。

blog130225_03.jpg

後ろまでぐるっと作成します。
Moveブラシなども併用します。

最後に重なる箇所を作っておく。重ねておいてDynaMeshでReMeshすればいけるはず!

blog130225_04.jpg

完成したらDynaMeshに変換します。
繋ぎ目もうまく処理してくれました。
Smoothブラシ、Moveブラシで形状を整える。


blog130225_05.jpg

襟の胸元部分が繋がってしまった

blog130225_06.jpg

仕方ないのでCtrl+Shiftキーで選択ツールにして該当メッシュを非表示→GeometryパレットのModify Topology
にあるDel Hiddenで消去したのち Close Holesで穴をふさぐ。

blog130225_07.jpg

CurveSnapSurfaceブラシで面を貼った場合、あまりきれいな面にはならないみたいだったのでいろいろやってたら
メッシュが凸凹してきた。


blog130225_08.jpg

この場合HPolishブラシでやればきれいになる。

blog130225_09.jpg

ClipCurveブラシで断面を鋭利に切っていく。
まだ襟の完成は遠いみたいですが頑張ります。





スポンサーサイト

ZBrush4 R5 暁美ほむら ねんどろいど作成 ③ Curve Surfaceブラシ

顔はひとまず置いておいて体の作成を進める。

blog_130206_01.jpg

とりあえず適当にボックスを体部分に配置する。DynaMeshに変換します。

blog_130206_02.jpg

DynaMeshの解像度を変えてメッシュを荒くしてMoveブラシで形状を整えます。
この辺はローポリモデリングに近いかも。

blog_130206_03.jpg

なんとなく近い形になった。

blog_130206_04.jpg

DynaMeshでいきなり解像度を上げるとエッジ部分が丸くなるようだったので
Sdivをあげてメッシュだけ細かくする。
服の裾部分とか気になるけど後で調整することにしよう。

blog_130206_05.jpg

制服の襟部分を追加するためのテスト
ほかにも最適な方法があるかもしれませんが今回はCurve Surfaceブラシを使ってみた。

StrokeパレットのCurve項目にあるSnapボタンをチェックを入れておくとメッシュにある程度スナップして
くれるので使いやすいかもしれない。

いろいろ試してみようと思います。
FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。