スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 R5 暁美ほむら ねんどろいど作成 ②

今日はCurveEditableBrushを触りながらツールの作成を進めてみる。

blog_130116_01.jpg

ブラシストロークのカーブを後で編集できるブラシです。
ショートカットはB、C、Eを順番に押すとでてくる。

細かい模様などをストロークするときに便利かもと思っている程度ですが
試験的に見えない部分で使ってみる。
のでマケット自体の完成度にはあまり影響しない;;


blog_130116_02.jpg

頭の形状を平らにしておいて
CurveEditableブラシを適用。 
細かい設定はStrokeパレットのCurveの項目でいじることができます。

一度ストロークを描いたあとに末端部分にブラシを近づけると画像のように赤線がのびてくる箇所(スナップ)が
でてきます。この状態でさらにストロークを延長できる。

blog_130116_04.jpg

耳の後ろからのラインを引く。

blog_130116_05.jpg

シンメトリをオンにしているので継ぎ目付近でブラシを離してカーブを編集する。
カーブを編集するときはブラシカーソルが青くなるのに注目

blog_130116_09.jpg

編集する青いカーソルのブラシサイズ、フォールオフはCurve Modifiersの設定項目にあるので
ここで値を指定することができる。

スナップの赤線がでる距離もここで指定できる。

blog_130116_06.jpg

特に細かい青ブラシサイズでいじってるとカーブがちぢれてしまう時ってあるよね。

blog_130116_08.jpg

この場合StrokeパレットのCurve FunctionにあるSmoothボタンをクリックすることでカーブが
スムーズになります。
ちなみにDeleteもここでできる。

blog_130116_07.jpg

とりあえず髪の毛のリファレンスになるだろうしラインだけ入れておく。どうせ髪の毛で隠れるので
おいといて次にいきます。

次回は首部分を作っていよいよ体の作成に入っていきたいと思います。
更新は不定期で~~

スポンサーサイト

ZBrush4 R5 暁美ほむら ねんどろいど作成 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

去年は忙しすぎて年度初めしか更新できなかったのですがorz
今年はできるだけ頑張って更新していきたいと思います!
しかし今年も仕事忙しい。


とはいっても去年も水面下でねんどろいと暁美ほむらのツール(顔部分のみ)
を少しずつ作ってました。

新しい機能を取り入れながら挑戦していきたいと思います。
とりあえずZBrush4 R5にする。

blog130109_01.jpg

SphereからDynaMeshにして形状を作成、雰囲気をつかむためリファレンスにしてある画像をポリペイントで仮の
テクスチャとして書き込む。
最終的には書き直しますが。。

blog130109_02.jpg

ZBrush4 R5からQuickSave機能が追加された。

グリッドシステムに貼り付けた画像が
QuickSaveで保存しておくと維持されるようになります。

あとツールもドロップされないみたいなのでそのままスカルプトしていけるみたい。


blog130109_05.jpg

blog130109_03.jpg

CurveQuadFillブラシで耳をおおまかに作成する。
細かい形状、傾きはReMeshした後に調整する。

blog130109_04.jpg

ReMeshしてみた。


FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。