スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushスカルプト23 蛇のアペンド①

blog101222_02.jpg

今日は蛇のツールをアペンドします。
まず蛇のサブツールを統合する必要があるため、蛇の牙、舌、頭部のSdivをDel Lowerボタンで
Sdivを集約する。集約できたらそれぞれをcloneボタンをクリックしてToolパレットに表示されるようにします。

InsertMeshボタンで蛇の頭部にToolパレットからMeshを当て込んでいきます。

blog101222_03.jpg

メデューサのToolを開いて統合した蛇の頭部をApendしていきます。
大きさをあわせて配置していく。


blog101222_04.jpg

とりあえず片側できた。
蛇の顔の向きなどに注意しながらやっていきます。

頭部の蛇の身体部分の継ぎ目は次のChapterで勉強するっぽいです。
スポンサーサイト

ZBrushスカルプト22 舌の作成

今日は舌の作成を行います。
やり方は前回と一緒なので特筆すべきことはあまりない;;

blog101221_01.jpg

ZsphereをApendする。

blog101221_02.jpg

舌の先が二股に分かれているのでTransformパレットのActiveSynmetry をアクティブにして
X軸方向にシンメトリが形成されるようにします。

blog101221_03.jpg

形状を整えてスカルプト。 Smoothブラシを使用するので若干細くなることを考慮して作成します。

blog101221_07.jpg

最後に口の中の細かい牙をSnakeHookブラシで作成しました。
これはMoveブラシで法線方向に引っ張った方が良好な結果が得られる気がします。

blog101221_05.jpg

牙はこんなもんかな。

blog101221_06.jpg

これで蛇の頭部は完成しました。
あとはメデューサに引っ付けていよいよ仕上げですね!!
次回もがんばります。

ZBrushスカルプト22 牙の作成

牙の作成を進めます。

blog101215_01.jpg

Zsphereを蛇のマケットにアペンドします。

blog101215_02.jpg

両側に新しいZsphereを作成してAキーを押してAdaptiveSkinの状態をチェック。
4.0になってからねじれることは少なくなりました。


blog101215_03.jpg

さらにひとつ追加して牙の先端を作成。 

blog101215_04.jpg

これをInflat、Smoothブラシで細くしていきます。
Zintensityは5くらいでするとぎりぎりまで尖った先端になります。
Transformを使用して形状を変形して牙の穴に配置。

blog101215_05.jpg

Mirrorで両側に作成しました。
なんとか完成。
次回は舌を作成します。

ZBrushスカルプト22 蛇の頭部作成⑨完成!

やっと少し仕事が一段落してきました。
といってももうすぐ年末ですね^^

というわけで蛇のスカルプトを進めます!

blog101214_01.jpg

少し特殊なブラシを使用してうろこを作成します。

blog101214_06.jpg

MalletFastというブラシを使用します。 木づちという意味みたいです。

なるほど、少し歪に平らにする感じですね。

blog101214_02.jpg

これをAltキーを押しながらSub状態で使用することにより凹むのではなく浮き出ます。

blog101214_03.jpg

blog101214_04.jpg

blog101214_05.jpg

なんとか急いでできました!!
これで頭部自体は完成です^^

次回は牙を作成していよいよ仕上げです。


FC2カウンター
プロフィール

りょーぴ

Author:りょーぴ

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ニコニコ x YouTube 動画ランキング
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。